製品紹介

ガラス断熱(遮熱フイルム)

ガラスのある建築物が全て対象になります。
遮熱フイルムを貼ることにより、 CO2 排出の削減とオフイスや店舗空間の環境改善に繋がります。
フイルムの種類は用途によって多種多様です。

省エネ対策として
空調負荷を低減できます。夏場の冷房効率、冬場の暖かい空気熱を外部に逃がしにくくします。

日照対策として
自然光採光をコントロールし、眩しさをやわらげます。

目隠し効果として
カラーフイルムで室内のプライバシーを守ります。

外観の向上として
カラーフイルムでガラス面を装飾し外観をリニューアルにします。

安全対策として
ガラスの破損時、飛散を防止します。

セキュリティー対策として
窓ガラスからの侵入を防ぐ

紫外線対策として
日射の紫外線( UV )カットすることで、人体への影響、商品の日焼けを低減致します。
オフイスの窓際は暑くないですか?
オフイスの窓際は、主に太陽光の中の赤外線(熱線)により周辺の壁や床などに吸収され、吸収した壁や床が温度を上昇させ、そこか放熱と輻射熱が不快な暑さを感じさせています。
快適な環境に近づける為 太陽光の赤外線(熱線)を室内に入れない様にするために、窓にフイルムを貼ることで快 適な環境に近づけます。
オフィスゾーンにはインテリアゾーンとペリメーターゾーンがあります。

インテリアゾーン(室内ゾーン)

照明や OA 機器、人間の発熱で冷房負荷が大きくなっています。

ペリメーターゾーン(窓際ゾーン)
窓ガラス面から放射・対流熱の影響を受ける範囲は約 3 〜 5 m外です。
その気温や日射等の 影響を受けて熱流が変化

ページトップに戻る