製品紹介

省エネ照明

明るさを表わす用語と単位
光束(F)
[lm:ルーメン]
光源から出る光の量
(1秒間に放射される光の量)
光度(I)
[cd:カンデラ]
光源からある方向へ出る光の強さ。
照度(E)
[lx:ルクス]
光を受ける面の明るさ
(単位面積に入射する光束)
輝度(L)
[cd/u:カンデラパー平方メートル]
ある方向から見た物の輝きの強さ

光の見え方を表わす用語と単位
色温度
[K:ケルビン]
光の色合いを数値で表したもの
(例)青みがかった光色ほど色温度が高い
演色性 色の見え方忠実度
(通常、演色評価数で表す)
平均演色評価数
[Ra:アールエー]
色温度に応じた光源の演色性の程度を表す数値
(例)数値が高いほど演色性がよい
グレア まぶしさ
(例)直接グレア、反射グレア

私たちの周りにある照明は、“地球環境に配慮”と“人類を明るく”するために進化しています。
少ないエネルギーで明るく!身近に感じるものからCO2 の排出量の削減を目指しましょう。

第一世代ロウソク⇒第二世代電球⇒第三世代蛍光灯⇒第四世代 LED


建築物のエネルギー消費量のうち、なんと約 4/1 が照明用のエネルギーです、ご存知でしたか?

表 ※財団法人省エネルギーセンター資料より

省エネ照明の種類

省エネ蛍光灯
ほとんどの工場・倉庫・事務所・お店などは蛍光灯が中心になっており、間違いなく照明の代表です。
(白熱灯も技術の進化で蛍光灯へ※)
省エネ蛍光灯は@長寿命A照度も変わらないB何といっても、高効率のため電気量を抑えます。
(CO2 の排出の削減)
※経済省は2012年までに家庭用の白熱電球を廃止し電球型蛍光灯への切り替えを促す方針を発表致しました。

省エネ高天井照明(省エネ水銀灯)
従来の水銀灯は照度を保つため電気量もそれに伴って多く消費していました。
省エネ高天井照明は超高性能反射板と高効率ランプ採用で@消費電力約 50 %カットA発熱量約 50 %ダウン致します。“コスト削減”、“環境改善”、“作業効率アップ”に繋がります。

センサー付き照明
人の動きや外光の変化をセンサーで自動感知すると、“点灯”感知しなくなると“消灯”する照明です。

電子式安定器(インバーター)
照明器具の中には必ず安定器が内蔵されています。
ほとんどが銅鉄式安定器で使用されており効率が悪いです。
そこで点灯効率を改善するため、 50/60HZ 交流電源を直流に変え、インバーター回路により高周波に変換し、最適な電力制御をすることにより、効率の良い、質の高い電力を蛍光灯に供給いたします。
それにより消費電力を大幅に抑え、 の排出の削減ができます。

反射板
蛍光灯器具が天井や照明器具に逃がしていた光を下方に効率よく反射させることで、驚異的な照度アップを導きます。

高効率照明(
LED
LED( 発光ダイオード ) とは半導体の特製を利用した光源です。
従来の白熱灯などに比べて、寿命も長く電気を光に変換する効率が極めて高く、電力量を少なく消費致しますので、 の排出の削減に大きな力を発揮致します。

ページトップに戻る